前のページへ


東日本ヤマハOB会「俳句の会」会員各位                                平成30年4月15日 
 
 
平成30年度第1回ヤマハOB会俳句の会「春の例会」のご案内
      
    
    代表世話人
      世話人
       〃〃
       〃〃
 葛山 由博 
 加茂 好朗
 高瀬 俊次
 伊藤 美智子

拝啓 万葉の時代から野に出て草を摘んだり、狩りをすることを「野遊び」といったそうです。春の陽気に誘われて咲く花を眺めたり、外食や俳句を詠んだりして体を動かすことも野遊びに入るのでしょうか。

さて平成30年度第1回ヤマハOB会春の俳句会は、5月24日(木)に鎌倉・江ノ電沿線の極楽寺から長谷寺を野遊びの如く吟行したい
と思います。江ノ電「極楽寺駅」10時半集合、まず行くのは参道や境内の花が美しい「極楽寺」。境内は独特の風情があり、映画やドラマのロケ地として使用されている。次に天然記念物のタブノキがそびえる「御霊神社」に寄り、「長谷寺」にまわる。
ここは奈良・初瀬の長谷寺同様、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置されています。庭は鎌倉の海と街並みが一望できる見晴台と、傾斜を利用した眺望散策路があり、鎌倉でも有数な景勝地です。この辺りで昼食をとります。

句会は国の登録有形文化財「吉屋信子記念館」で行います。この記念館の公開は限定されており、通常は生涯学習施設だけが使用できるようになっている。当俳句の会では葛飾柴又の「山本亭」、国分寺の殿ヶ谷谷戸庭園「紅葉亭」に続く文化財の中での吟行句会となる。13時集合、13時半開始、16時終了予定。今回は「風薫る」として兼題1句・雑詠3句、合計4句で行いたいと思います。

 尚、当俳句の会は句持参の「ゲスト」も、見るだけの「見学」も大いに歓迎致します。ご興味のある方は会員や世話人に相談
 の上 是非参加いただけたら思います。初心者の方には初めて句座に出てみるには、敷居の低い参加のしやすい俳句の会です。

終了後の懇親会も句会場周辺で用意します。皆様奮ってご参加下さいますよう宜しくお願い致します。

                                                      敬具

                             記


              ○集合と内容

   ◆日時: 5月24日(木) 10時半~16時(吟行含む))

   ◆吟行: 集合:集合10時30分、江ノ電「極楽寺駅」改札口
      
        極楽寺駅
          https://www.enoden.co.jp/train/station/gokurakuji/

        ルート:極楽寺駅→極楽寺→御霊神社→長谷寺(拝観料300円)
            →昼食→吉屋信子記念館

     ◆句会:「吉屋信子記念館」13時~16時

          クリック➡

        ○兼題…「風薫る」1句、当季雑詠3句 計4句、互選4句

        選者選に選ばれた方の句は、HPで名前を発表していきます。

     ◆選者: 深津健司先生 城下洋二先生   

     ◆会費: 1,500円 ( 当日徴収致します )

       ◎お手数ですが、準備の都合上、出欠を 5月13日(日)までに 
      葛山宛てにご連絡願います。

       またゲストや見学参加の方も大いに歓迎致しますので、
      この機会にお声をかけて頂ければと思います 

      会員の欠席投句や句会のみの参加は、世話人までお申し出を
      お願い致します。

    ( 葛山メール:katsu-yo236@nifty.com  携帯:090--9122-1506 )




極楽寺駅

極楽寺

御霊神社
長谷寺
 


  前のページへ                                   ページの始めへ戻る



<2018/4/15  文責:葛山 : HP編集:後藤>